<style>.lazyload[data-src]{display:none !important;}</style>

BLOG

【新年のご挨拶】2022年、天文宇宙の変化に思いを馳せてみましょう。

January 1 day 2022

明けましておめでとうございます。2022年、天文宇宙の変化に思いを馳せてみましょう。

 

この一年で…

 

・地球の1日の長さは、月との相互作用により、この一年でだいたい0.00002秒ほど長くなりそうです(19世紀と20世紀との比較より)。

 

・北極星は、地球の首振り運動で、この一年で天の北極に0.24度くらい近づきそうです(北極星も動いています、ドラえもんが生まれる22世紀初頭に天の北極にもっとも近づきます)。

 

・ハレー彗星は、今年は太陽に対して秒速約0.9kmで移動していて、この一年で約600万kmほど遠ざかりそうです(次に地球から明るく見えるのは2061年頃)。

 

・うしかい座の1等星アークトゥルスは、地球に対して秒速125kmほどで移動していて、この一年で40億km(太陽-地球間距離の約27倍)くらい移動します。

 

・太陽系は、天の川銀河中心に対して秒速240kmほどで回転していて、この一年で76億km(太陽-地球間距離の約50倍)くらい移動します。

 

・太陽系の属する天の川銀河は、アンドロメダ銀河に対して秒速110kmで接近していて、この一年で35億kmくらい接近します(約40億年後に衝突して、やがてひとつの銀河になります)。

 

・私たちは、悠久なる宇宙を時々のんびり見上げながら、この一年で1歳年をとります。

 

こんな時代ですから、どんなに楽しそうにしている人でも、それぞれに大変なこと、辛いことを抱えて生きています。

 

もう本当にどうしようもない時は、夜空をゆっくり見上げてみて下さい。

 

人の世は移ろい変わっていきます。けれど、どんなときも星は夜空にあって輝き、私たちを照らしてくれています。

 

これはロマンチックな意味ではなく、ただただ純然たる事実なのですが… その事実に心の底から救われることが確かにあるのです。

 

みなさまにとって、2022年がすばらしい1年となりますように。

 

South Aso Luna Observatory · Auberge "Atelier in the Forest"

Manager

more from my site

English汉语漢語한국어Español日本語